Lubuntu 14.04 でRhythmboxを使ってみる。

Pocket
LINEで送る

2014-05-21-160125_1024x768_scrot

今回はNAS上で動いているiTunesサーバー機能にアクセスしてホームミュージックを楽しむ方法をご紹介です。

 

さて、デフォルトで音楽プレーヤーが入っています。が、NAS(Network Attached Storage)のLinkStationでiTunesサーバ機能を使えば、Rhythmbox(リズムボックス;Apps/Rhythmbox – GNOME Wiki!)でiTunesに入れたの楽曲を再生することが出来ます(DAAP:Digital Audio Access Protocol)。

 

ますば、「Synaptic パッケージマネージャ」で「Rhythmbox」と検索します。そして「rhythmbox」をチェックすると関連するファィル一式インストールするかきいてきます(依存関係の自動解決)。「マーク」ボタンをクリックします。

あとはツールバーの「適用」をクリックすると次のような画面が出てきます。

 

2014-05-21-160207_565x427_scrot

かまわず「適用」をクリックします。あとはファイルを自動でダウンロードしてインストールしてくれます。プログラムは「メニュー>サウンドとビデオ」のなかに「Rhythmbox」がインストールされます。

2014-05-21-160435_1024x768_scrot

起動してみたらこんな感じ(;^ω^)。ちゃんと日本語化されています、便利。共有の所にNASの名前が出てきます(スクリーンショットでは黒く塗りつぶした部分です)。

2014-05-21-160901_1024x768_scrot

NASのiTunesサーバ機能で共有されたファイルにアクセスして、楽曲を再生してみると上のような画面が出てきます(AAC 256Kbps)。アルバムアートワークも表示されてなんだかiTunesを使っている気分です。

2014-05-21-235833_902x630_scrotなお、設定でジャンルも表示させることが出来ます(3カラムにできます)。LinkStationのiTunesサーバ機能だとPodcastも配信されてしまうのでプレイリストがとんでもないことになります(;^ω^)。

 

まぁ、ThinkPad X40の非力なスピーカーで音楽を聴くのもあれですが(;^ω^)・・・。iPod nanoありますし・・・。

これ、正直使わないのであればシステムリソースの節約のためにアンインストールをオススメします(;^ω^)。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お手数ですが計算してくださいm(__)m *(必須) Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.