「LinkStation」タグアーカイブ

NAS to NASのデータ移行方法。

さて、新NASの建造(設定)が完了しましたので、旧NAS(LinkStation)からデータを移行することになります。

いろいろ調べて実験しましたが、PC経由、つまり旧NAS→PC(MacBook Air)→新NASだとかなーり時間がかかってしまいやってられないことが判明しました(汗)。そりゃそうです、一回データをPCに持ってきてそれを新NASに書きに行くわけですから。

となると、外部HDDを使う方法とrsyncを使う方法になりました。外部HDDの場合、我が家(我が事務所)では1TB以上の空きがある遊んでるHDDがありませんでした(;^ω^)。となるとrsyncを使う方があります。

似たようなことをされている方のブログ記事を読んでいると、Linkstationのセキュリティホールを突いてログインしてする方法などがありましたが、面倒なのでパス(・ω・)。ということで、Synology DS218playのrsyncを有効にして、LiskStationの設定を変えデータを引っ張ってくることにしました。

■LinkStationの設定

移行したい共有フォルダの設定を変更します。具体的には、共有フォルダの設定で公開先の「バックアップ」にチェックを入れます。そして「保存」ボタンを押すと設定が変わってくれます。

■Synology DS218play(DSM)の設定

コントロールパネルから「ファイルサービス」の「rsync」を有効にします。そして、「端末とSNMP」の「ターミナル」にあるsshのログオンも有効にしておきます。

■マイグレーション作業をするよ(・ω・)!

これらが終わると移行作業が出来る環境になります。ローカルコンピュータにはssh使えるソフトを準備しておきます。今回はmacOSに標準で入っているターミナルから作業をします。

1.sshでDS218play(Synology NAS)へログインする

 

でログイン出来るはずです。

2.受け入れるディレクトリに移動する

 

で移動できるでしょう。

3.rsyncコマンドを叩く。

 

ここで、LinsStationUserNameはLiskStaionのユーザ名を、LinsStationIPAddressはIPを指定します。「共有フォルダ名」はその通りですね。ここをご覧の先見の明のある諸兄は日本語名をつけていないはずなので、日本語名の方自分で調べてください。

rsyncコマンドは、実行結果を表示し、’trashbox'(ゴミ箱)を除外するということになっています。

4.待つ。

大体500GBの転送で4-5時間程度かかりました(;^ω^)。

5.他にも移行したいフォルダがある場合は「2」に戻る

 

6.終わり(・∀・)

データの欠損がないことなどを確認しておきましょう。家では念のための平行運用に入りました。

■勉強になった参考リンク

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

LinkStationの故障したHDDを調べてみた。

エラーで停止したHDDをCrystalDiskInfoで見てみました。

 

2015.04.13-08

いろいろとエラーが出ていることが解ります。ということは、もう一台の方も怪しいのではないかという不安がよぎります。予備のHDDを買っておいた方が良いのかもしれないですね。

このHDD、かろうじて動いてくれるのでlubuntu on ThinkPad X40で「shred -z」コマンドを使用して初期化中しました。ものすごく時間がかかります(;^ω^)。うちの機械で約3日かかりました・・・。別のツールかマシンを使った方が良かったのかも知れません・・・。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

LinkStation LS-WVLのHDDをWD Red 2Tにしたよ!

LinkStationから不幸のメールが届き、Disk2が故障して退縮運転(デグレード運転)していたわけですが、PCショップが開店すると同時に交換用HDDを買いに行きました。

1店舗目。箱はあるけど在庫無し。(ォィ。

2店舗目。バルク製品が売られていたので仕方なく(σ゚д゚)σゲッツ。背に腹はかえられないです。

購入したのは、「WD 内蔵HDD Red 2TB 3.5inch SATA3.0 64MB IntelliPower WD20EFRX」です。

NAS用に設計されている製品なので、安心かな・・・と思いまして。

 

さて、BUFFALOのサイトからHDD交換手順書をダウンロードして一応印刷してから作業開始です。まぁ、印刷するほどのことは無いのですが・・・。

エラーランプがついているときに、前面パネルを外すと、エラーディスクのところが赤くランプがついて教えてくれます。

電源を切った後(シャットダウン後)、ケーブルを外し、前面パネルを開けてエラーディスクを外して交換HDDを取り付けます。

 

2015.04.13-01

まずはNAS NavigatorでLinkStaionを見てみることにすると、ちゃんとエラーを報告してくれます。

 

2015.04.13-03

「システム」->「ディスク」へアクセスすると状況を確認することが出来ます。「ディスクアレイ」の「RAIDアレイ1」をクリックします。

ちなみに、ご覧の通り元から入っていたのはシーゲートの玉です。

 

2015.04.13-04

画面が変わります。ここで「RAIDアレイの再構築」ボタンを押します。

 

2015.04.13-05

確認メッセージがでてきます。「設定」ボタンを押下します。

 

2015.04.13-06

精気の通信であるか確認するために、画面に表示される番号を入力しましょう。

 

2015.04.13-07

4-5分程度で変更が終わります。

 

2015.04.13-08

「システム」->「ディスク」へアクセスすると状況を確認することが出来ます。「再構築中」と表示が変わっていることが解ります。

この再構築は結構時間がかかり、2TのRAID1で約12時間近くかかりました。その間はほとんどアクセスしないようにしていました。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

LinkStation LS-WVLから不幸のメール。

 

2015.04.13-00

2011年11月頃に就役したLinkStation LS-WVLから不幸のメールが届きました(´・ω・`)。

しかも早朝。ビックリしました( ゚д゚)。

NAS自体のリプレースを考えているんですが、候補が12万くらいするので・・・。今回はHDD交換でしのごうと思います。

牛NASにしてはよく頑張っている方かも知れません。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

Lubuntu 14.04 でRhythmboxを使ってみる。

2014-05-21-160125_1024x768_scrot

今回はNAS上で動いているiTunesサーバー機能にアクセスしてホームミュージックを楽しむ方法をご紹介です。

 

さて、デフォルトで音楽プレーヤーが入っています。が、NAS(Network Attached Storage)のLinkStationでiTunesサーバ機能を使えば、Rhythmbox(リズムボックス;Apps/Rhythmbox – GNOME Wiki!)でiTunesに入れたの楽曲を再生することが出来ます(DAAP:Digital Audio Access Protocol)。

 

ますば、「Synaptic パッケージマネージャ」で「Rhythmbox」と検索します。そして「rhythmbox」をチェックすると関連するファィル一式インストールするかきいてきます(依存関係の自動解決)。「マーク」ボタンをクリックします。

あとはツールバーの「適用」をクリックすると次のような画面が出てきます。

 

2014-05-21-160207_565x427_scrot

かまわず「適用」をクリックします。あとはファイルを自動でダウンロードしてインストールしてくれます。プログラムは「メニュー>サウンドとビデオ」のなかに「Rhythmbox」がインストールされます。

2014-05-21-160435_1024x768_scrot

起動してみたらこんな感じ(;^ω^)。ちゃんと日本語化されています、便利。共有の所にNASの名前が出てきます(スクリーンショットでは黒く塗りつぶした部分です)。

2014-05-21-160901_1024x768_scrot

NASのiTunesサーバ機能で共有されたファイルにアクセスして、楽曲を再生してみると上のような画面が出てきます(AAC 256Kbps)。アルバムアートワークも表示されてなんだかiTunesを使っている気分です。

2014-05-21-235833_902x630_scrotなお、設定でジャンルも表示させることが出来ます(3カラムにできます)。LinkStationのiTunesサーバ機能だとPodcastも配信されてしまうのでプレイリストがとんでもないことになります(;^ω^)。

 

まぁ、ThinkPad X40の非力なスピーカーで音楽を聴くのもあれですが(;^ω^)・・・。iPod nanoありますし・・・。

これ、正直使わないのであればシステムリソースの節約のためにアンインストールをオススメします(;^ω^)。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

NAS LinkStation LS-WV4.0LT/R1導入

20111115-DSC_0035

LinkStation LS-WV4.0LT/R1 を導入しました。

タイの洪水でHDDがかなり高騰していますが、そんなさなか某ルートで良品中古を安く調達してきました。

20111115-DSC_0038 いきなりですが、中身は「Barracuda 2.0TB」でした。WDかと思っていたんですが・・・。

ハードディスクが大容量化されて以降、データのバックアップはこれまでの、DVDやテープドライブではなく、ハードディスクへのミラーリングとそれによる世代管理が各所で使われるようになってきました。

個人的にも、ローカルデータのバックアップをDVDにしようとすると、ディスク代と時間もバカにならないので、この際、利便性をかねてNAS(Network Attached Strage)の導入に踏み切りました。

ちなみに、NAS-ノートパソコン(Wifi 11b/g)間は無線LAN接続で2.4MB/Sec程度の性能です(;^ω^)。はっきり言って、早くないです。特に、Webアプリのデータのバックアップを取るとすると、ファイルサイズが少なく、フォルダ数とファイル数が多いため、転送速度がさらに下がります(;^ω^)。

 

個人的に、このバラクーダ・・・動作音がかなりあるなぁ…というのが感想です。自作外付けHDDはWDの「Caviar Green(500G)」をいれているのですが、これが静かなもので。この動作音になれると、バラクーダの存在感が際だつ感じです(;^ω^)。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?