「DS218play」タグアーカイブ

Synology DS218playからMyDNS.JPのDDNSアドレスを更新する

 調べてみると、Synology DS218playに便利な機能がいろいろとありますし、調べ切れていないです(;^ω^)。

 その中でも使えるかどうかを調べたら、先人がいらっしゃいました。

 「Synology製NASからMyDNS.JPのDDNSアドレスを更新する」!

 ドンピシャ(・∀・)!

■参考リンク
Synology製NASからMyDNS.JPのDDNSアドレスを更新する – Qiita  https://qiita.com/SkyLaptor/items/44565ee8da322776c1bb

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

NAS to NASのデータ移行方法。

さて、新NASの建造(設定)が完了しましたので、旧NAS(LinkStation)からデータを移行することになります。

いろいろ調べて実験しましたが、PC経由、つまり旧NAS→PC(MacBook Air)→新NASだとかなーり時間がかかってしまいやってられないことが判明しました(汗)。そりゃそうです、一回データをPCに持ってきてそれを新NASに書きに行くわけですから。

となると、外部HDDを使う方法とrsyncを使う方法になりました。外部HDDの場合、我が家(我が事務所)では1TB以上の空きがある遊んでるHDDがありませんでした(;^ω^)。となるとrsyncを使う方があります。

似たようなことをされている方のブログ記事を読んでいると、Linkstationのセキュリティホールを突いてログインしてする方法などがありましたが、面倒なのでパス(・ω・)。ということで、Synology DS218playのrsyncを有効にして、LiskStationの設定を変えデータを引っ張ってくることにしました。

■LinkStationの設定

移行したい共有フォルダの設定を変更します。具体的には、共有フォルダの設定で公開先の「バックアップ」にチェックを入れます。そして「保存」ボタンを押すと設定が変わってくれます。

■Synology DS218play(DSM)の設定

コントロールパネルから「ファイルサービス」の「rsync」を有効にします。そして、「端末とSNMP」の「ターミナル」にあるsshのログオンも有効にしておきます。

■マイグレーション作業をするよ(・ω・)!

これらが終わると移行作業が出来る環境になります。ローカルコンピュータにはssh使えるソフトを準備しておきます。今回はmacOSに標準で入っているターミナルから作業をします。

1.sshでDS218play(Synology NAS)へログインする

 

でログイン出来るはずです。

2.受け入れるディレクトリに移動する

 

で移動できるでしょう。

3.rsyncコマンドを叩く。

 

ここで、LinsStationUserNameはLiskStaionのユーザ名を、LinsStationIPAddressはIPを指定します。「共有フォルダ名」はその通りですね。ここをご覧の先見の明のある諸兄は日本語名をつけていないはずなので、日本語名の方自分で調べてください。

rsyncコマンドは、実行結果を表示し、’trashbox'(ゴミ箱)を除外するということになっています。

4.待つ。

大体500GBの転送で4-5時間程度かかりました(;^ω^)。

5.他にも移行したいフォルダがある場合は「2」に戻る

 

6.終わり(・∀・)

データの欠損がないことなどを確認しておきましょう。家では念のための平行運用に入りました。

■勉強になった参考リンク

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

NAS「SYNOLOGY DS218PLAY」の1HDDセットアップと追加の方法。

Synology DS218playで1HDDでのセットアップをしてようと思います。

その前に・・・。NAS用HDDの鉄板と言えばWD Redだと思います。あとはSeagateのIronWolfでしょうか。本来はこれらを導入するのが筋ではあると思うのですが、如何せんお金がない( ´Д`)。ということで、WD Blue 3TBを2台買ってみました。なにせ、2台導入すると5-6000円位変わってきます。だからといって一台では不安。差額のお金で扇風機が欲しいのです(;^ω^)。

何かあればblogに使用感などを書きますのでおたのしみに(;^ω^)。

■1HDDの導入

では、セットアップ(物理的)。

IMG_0817

ということで来ましたWD Blue 3TBが2台。

IMG_0818

鎮座。

IMG_0819

一台だけ組んでみました。

■DSMの導入

そして、Synology NASのOS導入、DSMのインストールと設定です。

FireShot Capture 005 - Synology Web Assistant - http___find.synology.com_#

ブラウザで「http://find.synology.com」を入力し、しばらくしたら見つかりました。

FireShot Capture 006 - Synology Web Assistant - http___192.168.0.165_5000_web_index.html

設定しまーす(・∀・)。

FireShot Capture 007 - Synology Web Assistant - http___192.168.0.165_5000_web_index.html

OSであるDSM(DiskStaion Manager)のインストールです。

FireShot Capture 008 - Synology Web Assistant - http___192.168.0.165_5000_web_index.html

 Disk2のデータ消えることの確認と同意画面ですね。特に問題ないので、消します。

FireShot Capture 009 - Synology Web Assistant - http___192.168.0.165_5000_web_index.html

 10分かからないくらいに完了しました。

FireShot Capture 014 - SIS-NAS02 - Synology DiskStation_ - http___192.168.0.165_5000_

 使うかどうかわからないサービスもありますが、取りあえず入れておきました(;^ω^)。

FireShot Capture 015 - SIS-NAS02 - Synology DiskStation_ - http___192.168.0.165_5000_

あら簡単、もう終わりました。

で、この後の設定ですが・・・

  • 固定IPに変更
  • 名称変更
  • 共有フォルダの設定

などなどを行い、ちゃんと見えることを確認しました。

■HDDの増設

続いて、もう一台追加して2HDDの構成にしてみました。

工程は省略しますが、シャットダウンして、筐体を開け残りのスロット(今回はDisk1)に新品のHDD(WD Blue 3TB)を差し込み、筐体を締めて再び設置の後電源を投入します。あとは、DSMからログインし、「ストレージマネージャ」にアクセスします。

最初のインストールの時に何も設定しないと、Synology DS218playはSHD(Synology Hybrid RAID)で構成してしまいます(;^ω^)。まぁいいや・・・ということでこのまますすめます。

FireShot Capture 016 - SIS-NAS02 - Synology DiskStation - http___192.168.0.11_5000_

「ストレージマネージャ」のボリュームの「管理」を選択します。

FireShot Capture 017 - SIS-NAS02 - Synology DiskStation - http___192.168.0.11_5000_

 なんか立ち上がります。「ボリュームマネーじぇ・ウィザード」ですね。ここで、「SHRボリュームにドライブを追加」を選択します。

FireShot Capture 018 - SIS-NAS02 - Synology DiskStation - http___192.168.0.11_5000_

新しいディスクを選択します。

FireShot Capture 019 - SIS-NAS02 - Synology DiskStation - http___192.168.0.11_5000_

「データ消えるけどいいかいな?」と確認されますので「おk」をします。

FireShot Capture 020 - SIS-NAS02 - Synology DiskStation - http___192.168.0.11_5000_

設定の確認が出ます。「適用」を押すと構成をしてくれます。

FireShot Capture 021 - SIS-NAS02 - Synology DiskStation - http___192.168.0.11_5000_

「増設しています」と表示が出ますね。

FireShot Capture 022 - SIS-NAS02 - Synology DiskStation - http___192.168.0.11_5000_

何も入っていませんでしたので、チェックと同期は直ぐに終わりましたが、データが入っていると時間がかかると思います。

■参考

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

新NAS「Synology DS218play」の選定と購入。

 大体方向は、Synology DS218jかSynology DS218play、またはLinkStationだったのですが、Synologyの前評判とOSの進化と活用度の高さに惚れ込んで、Synologyを軸に選定と決定をしていきました。

 あとはSynology DS218jかSynology DS218playのどちらかですが、どうせなら高性能のDS218playがほしいなーとおもっていたところ、NTT-X Store
のセールで21980円で購入することが出来ました(・∀・)。

 そして到着(・∀・)。

IMG_0810

箱です(・ω・)。

IMG_0811

 包まれております。

IMG_0812

見えてまいりました(・∀・)。

IMG_0813

はい、これです。

IMG_0814

保証書です。2年間の保証付きですね。

IMG_0815

ACアダプタと、LANケーブル、ねじ類が入っています。

IMG_0816

そして本体。HDDが入っていないので意外と軽く感じます。

次回は、1HDDでのセットアップをしてみようと思います。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?