LinkStationの故障したHDDを調べてみた。

エラーで停止したHDDをCrystalDiskInfoで見てみました。

 

2015.04.13-08

いろいろとエラーが出ていることが解ります。ということは、もう一台の方も怪しいのではないかという不安がよぎります。予備のHDDを買っておいた方が良いのかもしれないですね。

このHDD、かろうじて動いてくれるのでlubuntu on ThinkPad X40で「shred -z」コマンドを使用して初期化中しました。ものすごく時間がかかります(;^ω^)。うちの機械で約3日かかりました・・・。別のツールかマシンを使った方が良かったのかも知れません・・・。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

LinkStation LS-WVLのHDDをWD Red 2Tにしたよ!

LinkStationから不幸のメールが届き、Disk2が故障して退縮運転(デグレード運転)していたわけですが、PCショップが開店すると同時に交換用HDDを買いに行きました。

1店舗目。箱はあるけど在庫無し。(ォィ。

2店舗目。バルク製品が売られていたので仕方なく(σ゚д゚)σゲッツ。背に腹はかえられないです。

購入したのは、「WD 内蔵HDD Red 2TB 3.5inch SATA3.0 64MB IntelliPower WD20EFRX」です。

NAS用に設計されている製品なので、安心かな・・・と思いまして。

 

さて、BUFFALOのサイトからHDD交換手順書をダウンロードして一応印刷してから作業開始です。まぁ、印刷するほどのことは無いのですが・・・。

エラーランプがついているときに、前面パネルを外すと、エラーディスクのところが赤くランプがついて教えてくれます。

電源を切った後(シャットダウン後)、ケーブルを外し、前面パネルを開けてエラーディスクを外して交換HDDを取り付けます。

 

2015.04.13-01

まずはNAS NavigatorでLinkStaionを見てみることにすると、ちゃんとエラーを報告してくれます。

 

2015.04.13-03

「システム」->「ディスク」へアクセスすると状況を確認することが出来ます。「ディスクアレイ」の「RAIDアレイ1」をクリックします。

ちなみに、ご覧の通り元から入っていたのはシーゲートの玉です。

 

2015.04.13-04

画面が変わります。ここで「RAIDアレイの再構築」ボタンを押します。

 

2015.04.13-05

確認メッセージがでてきます。「設定」ボタンを押下します。

 

2015.04.13-06

精気の通信であるか確認するために、画面に表示される番号を入力しましょう。

 

2015.04.13-07

4-5分程度で変更が終わります。

 

2015.04.13-08

「システム」->「ディスク」へアクセスすると状況を確認することが出来ます。「再構築中」と表示が変わっていることが解ります。

この再構築は結構時間がかかり、2TのRAID1で約12時間近くかかりました。その間はほとんどアクセスしないようにしていました。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

LinkStation LS-WVLから不幸のメール。

 

2015.04.13-00

2011年11月頃に就役したLinkStation LS-WVLから不幸のメールが届きました(´・ω・`)。

しかも早朝。ビックリしました( ゚д゚)。

NAS自体のリプレースを考えているんですが、候補が12万くらいするので・・・。今回はHDD交換でしのごうと思います。

牛NASにしてはよく頑張っている方かも知れません。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

ネスレ通販でau WALLET(プリペイド)(第二回)。

前回、ネスレ通販で使ったときに二重引き落としがあったことを書きましたが、今回は通常購入と定期便の二回を試した結果です。

 

結論としては、一回しか引き落としがかかりませんでした(・∀・)。

登録しておけば定期便や通常購入に使えることが解りました。

 

前回は品物確定した後、送付先の設定などをやり直したのが原因かも知れないな・・・と思っています。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?