購入前のインクジェット複合機の比較。

今回は、ブラザーの「brother プリンター A3インクジェット複合機 MFC-J6980CDW (FAX付)」とエプソンの「EPSON A3ビジネスインクジェットFAX複合機 PX-M5041F」を候補として検討することにしました。

この2機種を比較するのは少々酷ではありますが・・・。

ブラザーは2017年に出た機種、エプソンは2014年に出た機種です。ブラザーが捨てがたいのですが本体価格がお高い(2017/05/31現在、45000円程度)! そして前評判も上々。やむを得ないのですが・・・。実は某所で一時期ブラザーの旧機種を使っていたことがあったのですが、罫線ずれとか気にかかる点もあり、見送ることにしました。

そして、このエプソン。前評判というか評判がすこぶる悪い(;^ω^)。だが、お安い。某所で税込29800円で買える。庶民には15000円の差は大きいのです(2017/05/31現在)。

さて、そもそもなぜA3インクジェット複合機を狙っているのかというと、以前のエントリーでA3ラミネーターを買っていることを書きました。そう、A3ラミネーターを活かすためにも、また、いろいろと印刷するにもあったら便利程度の理由で選定しているのです(;^ω^)。

あとは、A3スキャン。今まで仕事をしていて、これがあるのとないのでは結構利便性が違ってくることが解りました。これはどちらもCISセンサー。

気になるインクのランニングコストはブラザーが上。但し、どちらも大容量は約1万円(;^ω^)。

そんなこんなで時間は過ぎていきます。クライアントさんへの印刷物の納品に間に合うように予備システムの整備をしないといけないので、結局は「EPSON A3ビジネスインクジェットFAX複合機 PX-M5041F」に決めてしまいました。

理由。

本体価格は29800円。保守を入れて+1500円程度。A4コピー用紙、A4マットフォトペーパー、A3コピー用紙一式を買って、合計金額は、税込35000円と少し。ブラザーの新機種割り断然お得・・・と自分を納得させてポチりました。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

CANON MX923 で二度目の b200エラー。

知っている人は知っている、Canon MX923をつかっていますがCanonプリンタのB200エラー。一切の動作が止まり、サービス送りにしないとないともならないこのエラー。、二度目が出てしまいました。

でも、なんとか二度目も無理矢理なだめて復帰させてかろうじて使える状態にしています(;^ω^)。

今使っているプリンタは2014年10月頃導入、総印刷枚数6500枚程度です。頑張っていると言えば頑張っているのでしょうけど、使えなくなるのは困ります。このサイズでADFとディスクレーベル印刷は貴重です。

修理も考えましたが、送料と技術料等を含めると16,000円くらいになって、TS8030が買えてしまう値段です(;^ω^)。

ということで、新機種の導入を急遽検討することになりました。なにせ、クライアントさんへの納品が1週間切っていて慌てていたのです(;^ω^)。印刷物出来ないと大変なことになりますからね・・・。

候補として、A3インクジェット複合機をメインに考えました。今の「Canon MX923」は予備機として動けばいいや・・・位の気持ちで。そこで候補として上がるのは、やはり、ブラザーとエプソンです。

ランニングコストのブラザー、そこそこの性能のエプソン。今回は、ブラザーの「brother プリンター A3インクジェット複合機 MFC-J6980CDW (FAX付)」とエプソンの「EPSON A3ビジネスインクジェットFAX複合機 PX-M5041F」を候補として検討することにしました。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

ソーダストリーム到着(・∀・)。

前から気になっていた製品「ソーダストリーム Genesis(ジェネシス) スターターキット (ブラック)」をようやく購入することが出来ました。炭酸水好きとしては念願でした。たしかイスラエルの会社なんですよね。シロップにも書いてます。

IMG_20170604_102943

本体外箱。そこそこ軽いです。でも、この箱は邪魔ですね(;^ω^)。初期不良対応期間あたりは取っておくことにしています。

IMG_20170604_103015

 公式ショップ(アマゾン取扱い)で買うと、シロップがランダムで1本ついてきます。今回は「ソーダストリーム プレミアムシロップ レモンライム」でした。

IMG_20170604_103719

説明書、保証書、ユーザライセンスの類いがあります。捨てないように気を付けないとですね。

IMG_20170604_104026

本体とガスボンベと1L容器を取り出してみました。意外とガスボンベが細長い事にビックリしたのと、それに応じて本体の大きさにもちょっとビックリ・・・。台所におけるかどうか心配しましたが、何とか収まりました(;^ω^)。

DSC_0604

個人的ですが、1Lボトルってなんか使い勝手が良くないイメージがあり、水を冷やすだけの道具と思っています。ソーダストリームには、写真のような500mlボトル「500mlツインボトル ブラック SSB0024」というものがあります。これはビックカメラ.comで買った方がお安いのです。

これで常時2Lの水が冷やせ、潤沢に炭酸水を供給できるようになりました。あの重たいペットボトルと空容器の処分から解放されます。そして、お安く作れます。

 あと、ボトルを見て気がついたのですが使用期限が書かれています。公式サイトのQ&Aを見ましたが、期限があるので要注意ですね。高圧ガスを注入するので、ボトルにダメージがあると爆発する危険性があるので少しだけ大切に取り扱ってあげた方が良さそうです。

ソーダストリーム Genesis(ジェネシス) スターターキット (ブラック)」はお安いモデルなので、ボトルのセッティングはスクリュー式でクルクル嵌めます。上位モデルになるとすぽっと嵌められるモデルがあります。ちゃんと装着したら、上部のボタンを数回押して炭酸ガスを入れて、炭酸水のできあがりになります。

そうそう、炭酸ガスが切れたらガスボンベを取扱店かソーダストリームで交換する必要があります。途切れなく使いたい場合は予備用に1本あると利便性が上がります(・∀・)。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

A3対応4本ローラーラミネーター LFA34AR導入。

以前から、A3ラミネーターを物色していたのですが、4本ローラー物になると結構お高い感じがしていて手が出せませんでした。時折、Amazon.co.jpでもチェックしていたのですがそれでも手が出せずに・・・でした。去年頃になって新機種が出てきてお求めやすくなって買い時を画策していたのですが、なかなか決めきらずにお客さんの案件が迫ってきたのでいよいよ決め時でした。

 狙ったのは、「アイリスオーヤマ ラミネーター 4本ローラー A3 LFA34AR ホワイト/シルバー」です。大体、8000円位ですね。

 でも、少しでも安く手に入れたいのが人情。探しました(;^ω^)。

楽天市場で「

送料無料/セット品】A3対応4本ローラーラミネーター&A3フィルム LFA34AR」という、A3フィルム100枚セット付きのものが7900円。フィルム無しだともっとお安い!

実は、A4フィルムは既に買っていたので、この「 送料無料/セット品】A3対応4本ローラーラミネーター&A3フィルム LFA34AR」という、本体とA3フィルムのセット品を買いました。

本体をみてみましょう。

2017.06.01-001

やっぱりというか・・・、大きいですね。昔のA3・4本ローラーよりかはコンパクトかも知れません。

ウォームアップは約2分(ただし設定1の場合)で利用可能になります。初回だからか知りませんが、なんとも言いがたい臭いが漂いました(;^ω^)。

お客さんのデータなのでラミネート結果はお見せできないのですが、A4 100μフィルムで厚紙(マットフォトペーパー)0.23mmをラミネートする場合、ボタンレベルは3で設定。温まるのにしばらく時間がかかります。ずっとReadyランプが点滅しているので壊れたかと思いましたが、放置しているとブザーが鳴り点灯(利用可能)しました。

できあがりは、まぁ、納得できる感じでしょうか。2本ローラーはあんまり使ったことがないのですが、ちょっとだけ綺麗に感じます。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?