iPod nano 第7世代を使ってみた感想。

Pocket
LINEで送る

DSC_0131

さて、iPod nanoの交換品(iPod nano第1世代(1st)の交換プログラムを利用したら第7世代(7th)が届きました。)が届いて2週間くらいたちますが、なかなか使う機会に恵まれなくレビューが遅くなりました(;^ω^)。その間、iTunesに持っているCDの音質向上のため再リッピングしていました(AAC128kbpsから256kbpsにアップ)。

で、実はこのフルセットで約100g近くあります。「SONY ワイヤレスオーディオレシーバー ブラック DRC-BTN40/B」が21g、「Apple iPod nano 16GB シルバー MD480J/A <第7世代>」がケースを付けて36g、「JVC 密閉型オンイヤーヘッドホン 耳掛け式 ブラック HP-AL600-B」が47gです。

実際身につけるのは、21g+47gですが…。

やっぱり、リモコン「SONY ワイヤレスオーディオレシーバー ブラック DRC-BTN40/B」が便利です(・∀・)。ただ、やはり0.5テンポくらい反応が遅れるのが気になりますね。スマホとマルチポイント接続しておけば、電話が掛かってきても曲に気を取られて無視することもありません。・・・とはいえ電話なんてあんまり掛かってきませんけどね(;^ω^)。

最初使い始めたとき、プレイリストのリピートが解らなくて焦りましたが取扱説明書のP18-19に書かれているとおり再生画面のリピートマークをタップすることで事なきを得ました(;^ω^)。第1世代は設定した記憶すらありません。

プレイリストのライブアップデートが単体で出来るのがビックリでした。これも第1世代では出来なく、気にせずきいていられたものです。実は「ごく最近再生した曲(直近五日間)」と「最近再生した曲(約2週間)」などのプレイリストを分けているので、しばらく再生していないと「プレイリストに曲が無い」状態になっていました(;^ω^)。

Bluetoothで接続しているので正直余り本体を触ることはありませんが、画面は綺麗です(・∀・)。しかし薄くて軽いですね。電池もかなり持ちます。

 

その、気になる電池の持ちですが、私の使い方だと、日に1.5H程度であれば体感的に4日程度ぎりぎりで持つ感じです。そんなぎりぎりの運用なんてしたくないですから、3日に一回は充電がベターなのかなと思っています。頻繁に充電しすぎて電池寿命が来るのでは無いかと心配していますが、杞憂に終わることを願うばかりで(;^ω^)。iPod nanoはインジケーターでおおよそのバッテリー残量が解りますが、レシーバーは残量表示がありませんから、ランプの付き具合で判断するしかありません(SONY| 充電する | ヘルプガイド)。まぁ、レシーバーの電池が切れてもiPod nanoから直接再生させれば問題は無いのでしょうけど・・・。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?
Pocket
LINEで送る

「iPod nano 第7世代を使ってみた感想。」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お手数ですが計算してくださいm(__)m *(必須) Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.