目標設定や課題設定で重要な事。

Pocket
LINEで送る

目標設定過程や課題設定過程の中ですべき事の1つですが、あえて別記事にしました。

「あれしたいけど、どうしようか?」
「なんとか突破口を・・・。」

とか、話が出て、目標や課題解決設定をしがちですが、その上で大事なことがあります。

それは

現状分析

です。

なぜか「現状分析」を忘れて計画を立てようとする方もいますが・・・。

 

これ、実は賛否両論あるのですが・・・。

 

私は、現状分析支持派です。目標を設定してから、大概は現状分析するのが一般的でしょう。または、現状を打破するために、現状から積み上げて目標設定をする場合もあります。

 

今を知って、目標のまでのギャップを分析し、計画を立てて、それをクリアすることで目標が達成できるのです。

 

■現状分析ですること

とにかく実態把握をします。そしで、原因・解決策の究明、問題点や必要な事項の分析をします。

 

■共通する現状分析の方法

  • 自分の立ち位置の確認(ブランド・オリジナリティ)
  • リソースの確認(人・モノ・金・情報)
  • ステークホルダーの確認(内外の利害関係者)
  • 立ちはだかっている問題の確認

 

■個人の現状分析の方法

1人で達成するような目標の場合は、共通する現状分析の方法です。もし可能なら、第三者に意見を貰うのも有効です。近しい人もですが、違う分野や視点を持っている人に意見を貰えれば、なお可ですね。ただ、余りに人の意見を聞きすぎるとマイナスになる場合もありますので注意が必要です。

 

■ビジネスでの現状分析の方法

ステークホルダーへのインタビューや、アンケート、業務分析などを行います。データの流れや人の流れ、動きなどにも注意し、必要な測定分析していきます。
成果物として、業務フロー図やDFD、問題説明書なども作成する必要があります。

ビジネスに於いては、現状分析でコストの算定をする場合が多々ありますから、手を抜くと後で痛い目に遭いますので注意しましょう。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お手数ですが計算してくださいm(__)m *(必須) Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.