Pocket
LINEで送る

■はじめに

今回は全てのベースとなる「WooCommerceとWordPressでライセンス認証サーバー」を構築します。まずはローカルにサーバを準備して、リモートに移す方法となります。この内容に興味のある方は、ある程度いろいろとでき事と思いますので説明は雑です。自分用の覚え書きみたいなもの。

参考にさせて頂くさいとはこちらです。

WooCommerce でライセンスキーを発効し販売 – WordPress Memo
https://blog.riverforest-wp.info/slm-for-woocommerce/

こちらのサイトに書かれている内容を再現するだけです。なのでスクショはほぼ無いです。


■MAMPを入れよう

ローカル環境のサクッと作る方法はいろいろあれども、今回はMAMPを使用します。

https://www.mamp.info/en/mac/

のFree Downloadよりパッケージをダウンロードしインストールします。

■MySQLの初期設定

MAMPのサーバーを起動してphpmyadminを開きましょう。

WordPressを入れる前に利用するデータベースを2つほど作っておきます。

wp_licsv

wp_test

とでもしましょうか。


■WordPressのインストールと設定

■WordPressのインストール

今回構築するのは、「何も弄らない状態」のライセンス販売・認証サービスの部分です。

レンタルサーバとうをご利用の方は、簡単インストールなどでDBの作成からWPのインストールまで一発ですよね。私も楽なのでよく使っています。今回は、素で入れます。

WordPress公式(日本語)

ホーム

から最新のパッケージを入手して、解凍します。

解凍後の中身をMAMPの公開用フォルダに入れることになります。

MACの場合、場所は「アプリケーション」フォルダの中の「MAMP」フォルダの中の「htdocs」です。

ライセンスサーバ用のサブフォルダに入れましょうか。「licsv」としましょ。


■必要なプラグインの導入

  • WooCommerce
    https://wordpress.org/plugins/woocommerce/
  • Software License Manager
    https://wordpress.org/plugins/software-license-manager/
  • Software License Manager for WooCommerce
    https://wordpress.org/plugins/software-license-manager-for-woocommerce/
  • Software License Manager Client
    https://wordpress.org/plugins/software-license-manager-client/

以上のプラグインをひたすら導入して有効化します。


■テーマの導入・・・!?

WooCommerce対応のテーマを導入しておきましょう。個人的には最近、Lightningにお世話になりっぱなしです(・∀・)。


■WooCommnerceの設定

テスト購入用の決済処理を有効化しておくことをお忘れ無く。


■Software License Managerの設定

ここでは、「ライセンスを作成するためのシークレットキー」と「ライセンスを検証するためのシークレットキー」が設定されていることを確認します。動作確認で、実運用しなければ初期値のままでもかまいません。


■Software License Manager for WooCommerce を設定

つづいて、連携するための部分です。このツールは「設定」の中に入っています。

「License Server URL」と「ライセンスを作成するためのシークレットキー」を設定しましょう。

License Server URLは、今回MAMPのローカル環境を使用する場合、「https://localhost:8888/licsv/」となります。

「ライセンスを作成するためのシークレットキー」は「Software License Managerの設定」の値を入れます。


■商品の登録

この辺までは特に問題なくこれるはずです。

細かい設定は後にして、商品を登録することができます。

スクリーンショット 2020 05 06 16 57 35

バーチャルにすると配送処理が無くなります。あとは「ライセンスキー付与」などのカスタムフィールドが3つ増えていることがわかりリます。チェックするべきは

  • バーチャル → チェックを入れる
  • ライセンスキー付与 → チェックを入れる
  • 最大許可ドメイン数 → 有効な認証数
  • 有効期日 → アクティベートするまでの有効日数

となります。


■動作を確認しよう!

ここまでできたら、動作を確認します。テーマの設定(商品ページやマイページ)が必要な場合もありますが、一応動作確認できる程度に動けば良いんですよ。


■商品を買ってみよう

商品ページから登録した商品を購入しましょう。WooCommerceの設定により、ログインが必要だったり必要でなかったりしますが、頑張りましょう。


■ライセンスキーを確認しよう

買えましたか? 購入完了画面にライセンスキーが表示されているはずです。また、メールにもあるそうですが、MAMPで各種設定をしない場合はメール飛ばないかも。

あとはユーザーの注文確認画面、管理者の確認画面、Software License Managerの管理画面からそれぞれ確認できるはずです。


■ライセンスキーを有効化しよう

 先ほど入れた「Software License Manager Client」を使い、有効化確認の準備をしましょう。

必要な設定をして、ショートコードを取得します。そのショートコードを適当なページに埋め込みます。

あとは、発行されたライセンスキーを入れて「有効化」してみます。


 ■ライセンスキーを有効化の確認をしよう

ライセンスサーバのSoftware License Managerの管理画面でライセンスが「Pending」から「Active」になっていることが確認できれば正常アクティベートされたことがわかります。


■まとめ

以上のように、非常に簡単にライセンス販売とライセンス認証サーバーを構築することが可能でした。

個人的には「サブスクリプション型」のライセンス・サービスの提供と、有効性確認の処理のできるライセンス販売・認証サーバーを作りたかったので、ここからあと数段することが増えました。

次回、「WordPressパッケージ(SIS統合文書照会サービス)に組み込み」です。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?
Pocket
LINEで送る

しげっち法師さんWordPressWooCommerce,WordPress■はじめに 今回は全てのベースとなる「WooCommerceとWordPressでライセンス認証サーバー」を構築します。まずはローカルにサーバを準備して、リモートに移す方法となります。この内容に興味のある方は、ある程度いろいろとでき事と思いますので説明は雑です。自分用の覚え書きみたいなもの。 参考にさせて頂くさいとはこちらです。 WooCommerce でライセンスキーを発効し販売 – WordPress Memo https://blog.riverforest-wp.info/slm-for-woocommerce/ こちらのサイトに書かれている内容を再現するだけです。なのでスクショはほぼ無いです。 ■MAMPを入れよう ローカル環境のサクッと作る方法はいろいろあれども、今回はMAMPを使用します。 https://www.mamp.info/en/mac/ のFree Downloadよりパッケージをダウンロードしインストールします。 ■MySQLの初期設定 MAMPのサーバーを起動してphpmyadminを開きましょう。 WordPressを入れる前に利用するデータベースを2つほど作っておきます。 wp_licsv wp_test とでもしましょうか。 ■WordPressのインストールと設定 ■WordPressのインストール 今回構築するのは、「何も弄らない状態」のライセンス販売・認証サービスの部分です。 レンタルサーバとうをご利用の方は、簡単インストールなどでDBの作成からWPのインストールまで一発ですよね。私も楽なのでよく使っています。今回は、素で入れます。 WordPress公式(日本語) https://ja.wordpress.org から最新のパッケージを入手して、解凍します。 解凍後の中身をMAMPの公開用フォルダに入れることになります。 MACの場合、場所は「アプリケーション」フォルダの中の「MAMP」フォルダの中の「htdocs」です。 ライセンスサーバ用のサブフォルダに入れましょうか。「licsv」としましょ。 ■必要なプラグインの導入 WooCommerce https://wordpress.org/plugins/woocommerce/ Software License Manager https://wordpress.org/plugins/software-license-manager/ Software License Manager for WooCommerce https://wordpress.org/plugins/software-license-manager-for-woocommerce/ Software License Manager Client https://wordpress.org/plugins/software-license-manager-client/ 以上のプラグインをひたすら導入して有効化します。 ■テーマの導入・・・!? WooCommerce対応のテーマを導入しておきましょう。個人的には最近、Lightningにお世話になりっぱなしです(・∀・)。 ■WooCommnerceの設定 テスト購入用の決済処理を有効化しておくことをお忘れ無く。 ■Software License Managerの設定 ここでは、「ライセンスを作成するためのシークレットキー」と「ライセンスを検証するためのシークレットキー」が設定されていることを確認します。動作確認で、実運用しなければ初期値のままでもかまいません。 ■Software License Manager for WooCommerce を設定 つづいて、連携するための部分です。このツールは「設定」の中に入っています。 「License Server URL」と「ライセンスを作成するためのシークレットキー」を設定しましょう。 License Server URLは、今回MAMPのローカル環境を使用する場合、「https://localhost:8888/licsv/」となります。 「ライセンスを作成するためのシークレットキー」は「Software License Managerの設定」の値を入れます。 ■商品の登録 この辺までは特に問題なくこれるはずです。 細かい設定は後にして、商品を登録することができます。 バーチャルにすると配送処理が無くなります。あとは「ライセンスキー付与」などのカスタムフィールドが3つ増えていることがわかりリます。チェックするべきは バーチャル → チェックを入れる ライセンスキー付与 → チェックを入れる 最大許可ドメイン数 → 有効な認証数 有効期日 → アクティベートするまでの有効日数 となります。 ■動作を確認しよう! ここまでできたら、動作を確認します。テーマの設定(商品ページやマイページ)が必要な場合もありますが、一応動作確認できる程度に動けば良いんですよ。 ■商品を買ってみよう 商品ページから登録した商品を購入しましょう。WooCommerceの設定により、ログインが必要だったり必要でなかったりしますが、頑張りましょう。 ■ライセンスキーを確認しよう 買えましたか? 購入完了画面にライセンスキーが表示されているはずです。また、メールにもあるそうですが、MAMPで各種設定をしない場合はメール飛ばないかも。 あとはユーザーの注文確認画面、管理者の確認画面、Software License Managerの管理画面からそれぞれ確認できるはずです。 ■ライセンスキーを有効化しよう  先ほど入れた「Software License Manager Client」を使い、有効化確認の準備をしましょう。 必要な設定をして、ショートコードを取得します。そのショートコードを適当なページに埋め込みます。 あとは、発行されたライセンスキーを入れて「有効化」してみます。  ■ライセンスキーを有効化の確認をしよう ライセンスサーバのSoftware License Managerの管理画面でライセンスが「Pending」から「Active」になっていることが確認できれば正常アクティベートされたことがわかります。 ■まとめ 以上のように、非常に簡単にライセンス販売とライセンス認証サーバーを構築することが可能でした。 個人的には「サブスクリプション型」のライセンス・サービスの提供と、有効性確認の処理のできるライセンス販売・認証サーバーを作りたかったので、ここからあと数段することが増えました。 次回、「WordPressパッケージ(SIS統合文書照会サービス)に組み込み」です。ICT、文房具、ライフハックをすべての人に。