Brother JUSTIO HL-L3230CDWの感想

Pocket
LINEで送る

ということで(謎)、「Brother JUSTIO HL-L3230CDW」がうちにやってまいりました。

約1ヶ月以上連続動作して、今のところ問題ないです(・∀・)。

さて、前機種である HL-3170CDW との違いですが、外観側面が白くなっていますね。あとは、機器の性能・ファームの機能などが違いますので、順次レビューしていきたいと思います。

■外観
左記の通り前面の部分が白くなっています。全体に一色の方が好きなのですが・・・。まあ、これはこれでよいでしょう。

■トナー類
型番がTN-291/296からTN-293/297へ変更されました。どのような違いがあるのかはよくわかりません(;^ω^)。

■印刷動作(速度)
HL-L3230CDWの気持ち早いですね。公称値もそうですが・・・。データを送ってからの反応はHL-3170CDWがよかった気もしますが・・・気のせい!?

■印刷動作(音)
HL-L3230CDWの方が大人しい感じがします。

■印刷品質
これ、HL-L3230CDWが上がっています。特に高品位印刷した場合。粒状感が減っています。が、文書の白黒印刷や文書カラーだけならばあまり気にする必要もないでしょう。

■管理画面(Web)
HL-L3230CDWがちょっといろいろと出来るようになっています。あとは、管理者パスワードを設定しないといけなくなっています。HL-3170CDWは管理者パスワードを空欄にして設定することが出来たのですが、それが出来なくなりました。まぁ、それだけです。

■個人的主観
速度はさすがページプリンタ、早いですね。そこらのインクジェットより早いので助かります。
一応この機種は、エントリーモデルで、わりと手に入れやすいと思います。
ちゃんと動けば、初めての1台に良さそうな気がします。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お手数ですが計算してくださいm(__)m *(必須) Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.