メディア・リテラシー

Pocket
LINEで送る

メディア・リテラシー(英: media literacy)とは、情報メディアを主体的に読み解いて必要な情報を引き出し、その真偽を見抜き、活用する能力のこと。「情報を評価・識別する能力」とも言える。ただし「情報を処理する能力」や「情報を発信する能力」をメディア・リテラシーと呼んでいる場合もある。(by wikipedia 2011.08.26)

これも注意すべき点は「電子媒体に限らない」というところです。口コミだって立派なメディアの一つですし、新聞や雑誌、フリーペーパーもメディアの一つです。

メディア・リテラシーにおいては、情報の発信と受信に大きく別れます。受信においては、メディアとその背景・特質性やバイアス、意図というものを理解する能力も必要ですか、メディアの選別も必要となります。

発信においては、どのような情報をどのような場面で、どのようなメディアを通じて、どのような人々に伝えるかを考える必要があります。インターネットにより、個人もメディアとしてのソーシャルメディアとしてblog、Twitter、メールマガジン等の活用や、旧来からのWebサイトの活用があり、状況に応じて使い分ける時代になっています。

当然受信においても気を付ける必要があります。インターネットとメディアの性質の変化により、情報の伝搬性は上がり、記録性も向上しました。間違った情報も一気に広がり記録されることが多くなってきました。そして訂正することが難しいという課題もあります。

事実と虚実が交差するインターネットにおいて、情報源を精査し、自己の責任で判断する上で「メディア・リテラシー」の重要性は高まっているといえるのでないでしょうか。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お手数ですが計算してくださいm(__)m *(必須) Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.