FreePBXとRaspberry Pi 4で遊び始める。

Pocket
LINEで送る

■結局行き着いたラズパイ。

Synology NASのDocker上で、FreePBXをイメージから動かしても、UbuntuにクリーンインストールしてもSIPでは31秒で切れてしまう問題が解決できなかったため、セールで10000円になったRaspberry Pi4 セットを購入しました。一式入っているので、追加購入するものは何もありませんでした。すごい。

LABISTS Raspberry Pi 4 4B-64GB(技適マーク入)MicroSDHCカード64G/Raspbianシステムプリインストール/カードリーダ /5.1V/3A Type-C スイッチ付電源/MicroHDMI-to-HDMIケーブルライン/三つヒートシンク/簡単に取り付けケース/日本語取扱説明書/24ヶ月保証

■開梱と設定

まずは開梱して、パーツの確認。そして組み立てをします。最近はWiFIとBluetoothも標準装備なんですね(;^ω^)。

■RasBPXイメージの取得と書き込み。

付属のmicroSDにはすでにOSが入っていて、電源を入れるだけで使えるという、至れり尽くせり感です。いろいろと後から設定するのは面倒なのことは既にわかったので、ここでは便利なRasPBXをダウンロードして、microSDに書き込んでおきます。

RasPBXの導入(概要と準備) – Qiita https://qiita.com/katsumin/items/22b13f780a37235d0b18

を参考にmicroSDに書き込みました。

実際に使うイメージはここからダウンロードです。2021年3月16日時店での中身は、Asterisk 16.13.0 & FreePBX 15.0.16.75となっていました。

Downloads | Asterisk for Raspberry Pi http://www.raspberry-asterisk.org/downloads/

これらがそろえばようやく、インストールと設定が出来ます(・∀・)。

■参考

Raspbian初期設定(RaspberryPi4) – Qiita https://qiita.com/legitwhiz/items/bc897259b27f3c0e7aa0

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

Follow me!

Pocket
LINEで送る

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

お手数ですが計算してくださいm(__)m *(必須) Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

投稿カレンダー

2021年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

月別アーカイブ

TOP
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。