Pocket
LINEで送る

チームコラボレーションツールとして徐々に地位を高めつつある「Microsoft Teams」。個人的には、有料テナント(通常のTeams)と無料版のテナントを2つ使っています。

しかしながら、Microsoft Teams無料版にはいくつか制限があります。その中で「ユーザーとアプリを管理するための管理ツール」が使えないというものがあります。

実はこれは不便で、管理人の追加や削除・変更などが有る場合、どのようにするべきかという問題が発生してしまいますし、共用アカウントはセキュリティ的にも好ましくありません。

ということで、管理人を任免する方法を探してみました(・∀・)。

ちなみに、私はADについて詳しくないので間違っていたらごめんなさい🙇。

■Microsoft Teams free(無料版)をセットアップする

 使いたい組織のMicrosoft Teams 無料版をセットアップしましょう。既に導入済みの場合は不要ですね(;^ω^)。

ちなみに、管理者が2つ既にあるのは以前にできるかどうか試したからです。今回成功したら全てのアカウントが管理者になりますw。

■管理者権限にする方法

■Aちょっと面倒な方法(Azure Active Directoryで設定)

Microsoft Azure Active Directoryポータルへログインする

先に操作する管理者アカウントで「Microsoft Azure Active Directoryポータルへログイン」します。

操作するディレクトリに間違いないことを確認しましょう。

ユーザーを確認する

左側の操作メニューから「ユーザー」を選択します。ここで「ゲスト」ユーザーの場合は面倒なことになるのでMemberユーザーにのみ操作します。「ゲスト」ユーザーには、各種権限が出せなかったり、操作できないものも多かったりするのです。

グループを操作する

では、グループを操作します。このグループが「Teams」に関係づけられています。

はい、見てみるとメンバー3ユーザー、所有者は2となっています。この数字、どこかで見ましたよね?

ということで所有者を追加します。メニューの「+所有者の追加」ボタンを押すと右側にメニューが表示されます。

こんな感じ。消していますが、メンバーリストが表示されます。新しく、管理者にしたいメンバーを選択します。

こんな感じ(・∀・)。

はい、所有者が3名になりました。

権限の付与をしよう

グループの所有者となっただけではチームの管理者になれないようです。ということで、全体の管理者設定等を付与します。

「ユーザー」の操作メニューから「割り当てられたロール」を選択すると、何も無いことが解ります。ここで、管理者の初期アカウントのロールを見ると「グローバル管理者(Office365でいう「全体管理者」)」が割り当てられていました。

ということで、新規に管理者にするアカウントにもグローバル管理者を割り当てます。

このようにロールがたくさんあります・・・。見ていくと・・・。

ありました!ということでコレをアサインします。Teamsの管理権限については「Teamsサービス管理者」というものもあります。

■比較的簡単な方法 Microsoft 365管理ツールを使う

管理者メールアドレスをちゃんと取得するとMicrosoft 365管理ツールに入ることも可能です。ここでもある程度の操作ができるので、もしかしたらそっちの方が楽かもしれません。

管理者メールアドレスとパスワードの設定をする

無料版の Teams の組織を削除する – Office サポート」の2と3を参考に管理者メールアドレスとパスワードを取得設定を行います。

Microsoft 365管理センターを操作する

先ほど取得したメールアドレスとパスワードを使い、「Microsoft 365 管理センター」に移動します。ここには、Microsoftアカウントではアクセスできません。職場組織や学校のアカウントで無ければなりません。

ユーザーの設定

まず、ユーザーを見てみましょう。アクティブなユーザーの中に管理者昇格対象のユーザーがいるはずです。表示名をクリックすると各種情報を操作できます。

アカウント内の「役割」を全体管理者にします。

同グループに所属できる場合はここで設定します。エラーで反映されない場合は次の「グループの設定」をします。

グループの設定

左のメニューの「グループ」で所属させたいグループをクリックします。一覧が出てきますので、グループ名をクリックしましょう。

同メンバーの部分で所有者に参加していない場合は、「すべての所有者の表示と管理」をクリックして管理権限を与えるユーザーを追加します。

■放置する

詳しく理解していないのですが、このAzure Active Directory(AD)の変更反映に時間がかかります。最大24時間くらい。

最初試したときは30分~1時間程度で管理者昇格できたのですが、今回は3時間しても昇格しませんでした。

ということで、朝まで待つことにしました(;^ω^)。

■結果!

Microsoft Teams free (無料版)で管理者が3ユーザー存在するテナントを作ることが出来ました(;^ω^)。

いずれの方法でも可能でした!

話の上では、この作業の逆をすると管理権限をリボーク(取り去る)ことも可能です。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?
Pocket
LINEで送る

しげっち法師さんソフトウェアMicrosoft,Microsoft Teamsチームコラボレーションツールとして徐々に地位を高めつつある「Microsoft Teams」。個人的には、有料テナント(通常のTeams)と無料版のテナントを2つ使っています。 しかしながら、Microsoft Teams無料版にはいくつか制限があります。その中で「ユーザーとアプリを管理するための管理ツール」が使えないというものがあります。 実はこれは不便で、管理人の追加や削除・変更などが有る場合、どのようにするべきかという問題が発生してしまいますし、共用アカウントはセキュリティ的にも好ましくありません。 ということで、管理人を任免する方法を探してみました(・∀・)。 ちなみに、私はADについて詳しくないので間違っていたらごめんなさい🙇。 ■Microsoft Teams free(無料版)をセットアップする  使いたい組織のMicrosoft Teams 無料版をセットアップしましょう。既に導入済みの場合は不要ですね(;^ω^)。 ちなみに、管理者が2つ既にあるのは以前にできるかどうか試したからです。今回成功したら全てのアカウントが管理者になりますw。 ■管理者権限にする方法 ■Aちょっと面倒な方法(Azure Active Directoryで設定) Microsoft Azure Active Directoryポータルへログインする 先に操作する管理者アカウントで「Microsoft Azure Active Directoryポータルへログイン」します。 操作するディレクトリに間違いないことを確認しましょう。 ユーザーを確認する 左側の操作メニューから「ユーザー」を選択します。ここで「ゲスト」ユーザーの場合は面倒なことになるのでMemberユーザーにのみ操作します。「ゲスト」ユーザーには、各種権限が出せなかったり、操作できないものも多かったりするのです。 グループを操作する では、グループを操作します。このグループが「Teams」に関係づけられています。 はい、見てみるとメンバー3ユーザー、所有者は2となっています。この数字、どこかで見ましたよね? ということで所有者を追加します。メニューの「+所有者の追加」ボタンを押すと右側にメニューが表示されます。 こんな感じ。消していますが、メンバーリストが表示されます。新しく、管理者にしたいメンバーを選択します。 こんな感じ(・∀・)。 はい、所有者が3名になりました。 権限の付与をしよう グループの所有者となっただけではチームの管理者になれないようです。ということで、全体の管理者設定等を付与します。 「ユーザー」の操作メニューから「割り当てられたロール」を選択すると、何も無いことが解ります。ここで、管理者の初期アカウントのロールを見ると「グローバル管理者(Office365でいう「全体管理者」)」が割り当てられていました。 ということで、新規に管理者にするアカウントにもグローバル管理者を割り当てます。 このようにロールがたくさんあります・・・。見ていくと・・・。 ありました!ということでコレをアサインします。Teamsの管理権限については「Teamsサービス管理者」というものもあります。 ■比較的簡単な方法 Microsoft 365管理ツールを使う 管理者メールアドレスをちゃんと取得するとMicrosoft 365管理ツールに入ることも可能です。ここでもある程度の操作ができるので、もしかしたらそっちの方が楽かもしれません。 管理者メールアドレスとパスワードの設定をする 「無料版の Teams の組織を削除する - Office サポート」の2と3を参考に管理者メールアドレスとパスワードを取得設定を行います。 Microsoft 365管理センターを操作する 先ほど取得したメールアドレスとパスワードを使い、「Microsoft 365 管理センター」に移動します。ここには、Microsoftアカウントではアクセスできません。職場組織や学校のアカウントで無ければなりません。 ユーザーの設定 まず、ユーザーを見てみましょう。アクティブなユーザーの中に管理者昇格対象のユーザーがいるはずです。表示名をクリックすると各種情報を操作できます。 アカウント内の「役割」を全体管理者にします。 同グループに所属できる場合はここで設定します。エラーで反映されない場合は次の「グループの設定」をします。 グループの設定 左のメニューの「グループ」で所属させたいグループをクリックします。一覧が出てきますので、グループ名をクリックしましょう。 同メンバーの部分で所有者に参加していない場合は、「すべての所有者の表示と管理」をクリックして管理権限を与えるユーザーを追加します。 ■放置する 詳しく理解していないのですが、このAzure Active Directory(AD)の変更反映に時間がかかります。最大24時間くらい。 最初試したときは30分~1時間程度で管理者昇格できたのですが、今回は3時間しても昇格しませんでした。 ということで、朝まで待つことにしました(;^ω^)。 ■結果! Microsoft Teams free (無料版)で管理者が3ユーザー存在するテナントを作ることが出来ました(;^ω^)。 いずれの方法でも可能でした! 話の上では、この作業の逆をすると管理権限をリボーク(取り去る)ことも可能です。ICT、文房具、ライフハックをすべての人に。