「システム手帳」カテゴリーアーカイブ

システム手帳に関するアイテムや活用方法などなど。

Bindex 2015年版月間ダイアリー9バイブルサイズ(σ゚д゚)σゲッツ

2014.12..07-DSC_0180

この時期恒例のシステム手帳リフィルの購入です。

ここ数年変化はありません・・・。

Bindex 2015年版月間ダイアリー9バイブルサイズを文具のしんぷく本店で買ってきました(・∀・)。以外と人気あるのか、売り切れ注意なのであるうちに購入ですよ。残念なことにポイントカードに押印して貰うの忘れていました(´・ω・`)。

 

毎度のことですが、12月までは当年の手帳を使って、1月の1日に12月分を転記して年度更新しています。

さて、もう12月になりましたが、今年の精算時期になりましたね。追い込みをかける人もいますが・・・。実はこの時期は来年の予定を立てる時期にもなっています。皆様はどのような目標を立てるのでしょうか。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

Bindex 月間ダイアリー9 2014年版

DSC_0045

 

この季節がやって参りました。システム手帳リフィルの来年版を購入です。

ここ数年は「Bindex 月間ダイアリー9」を使い続けています(・∀・)。今年はバインダーも買い換えたいような気になっているので、いろいろと物色中です。

定価売りが多いBindexですが、このリフィルはダイエーの木曜日5%Offと株主優待5%Offで買ってきました(・∀・)。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

システム手帳「Bindex 2013年月間9」導入。

DSC_0133

システム手帳月間リフィルを新しくしました。ここ数年はBindex 月間9を使っています。今年も「Bindex 2013年月間9 」を買いましたー。

売れているのか、売場にこのリフィルだけ無かったりしてあちこち探し回りましたが、ダイエーにて無事確保することができました。12月分は転記し、これから新しく入る予定はこれに書き込んでいきます。2012年分は滅多に使わないのでハズしてしまいます。予定って大抵Google Calenderと同じに書き込んでいるのでいざ過去の予定が必要となったらスマホで確認です。

この「Bindex 2013年月間9 」も少しずつ進化しているようでちょっと見やすくなりました。この小さな積み重ねは大事ですね。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

「手帳」を選ぶ理由

[記事]"スケジュール管理はアナログ派"が年々増加中!? 約7割がデジタル化時代にあえて「手帳」を選ぶ理由|ザ・世論~日本人の気持ち~|ダイヤモンド・オンライン

記事には「アナログ派"が年々増加中」となっていますが、個人的には両方使っています。予定管理はGoogle Calender、その予定と実績についてはシステム手帳を活用しています。システム手帳には、ウィークリーターゲット(週間目標)、マンスリーターゲット(月間目標)、クォータリーターゲット(四半期目標)、イヤーターゲット(年間目標)をそれぞれ計画管理するようにしています。

(・ω´・ )キリッ「ブック!」

とか

(・ω´・ )キリッ「夜天の書!」

とか言って開くのがまた楽しい(ォィ。

デジタルの利点としてはスマートフォン(F-12C)を使用しているため、すぐに予定が解ること。変更も簡単。

紙の利点としては、デジタルでは補えない一覧性と、細かい記述が出来るコト。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

システム手帳のリフィル用紙を変更してみた。

システム手帳のリフィルは自作をしていますが(行動記録としての手帳活用するまで。 | しげっち@ドリームプレゼンターWeb)、用紙はダイソーの無地リフィルを使用していました。

なんと、150枚で105円。

破格の安さです。一枚1円以下!

2012.01.06-DSC_0051 今年は気分も改め、しっかりしていこうという意気込みも込めてリフィル用紙を変更しました。それはダヴィンチ システム手帳用リフィル 徳用 無地クリーム にしました。面倒なので1年分、400枚買ってきました。白とクリームがありますが、クリームの方が目に優しい感じなので、クリームを選択しました。

この用紙、はっきり言って薄い( ゚д゚)。

そして高い。2割引で買っても270円くらいですから、一枚2.7円。

なんと3倍!!よく考えると安いコピー用紙より高いかもw

まぁ、細かい話なんですけれどね。その分紙質もちょっと良く、薄いです。

25mmバインダーでもう少し入らないかなーと思っていたので丁度良い・・・と思っていたのですが・・・。

はい、問題がありました。

2012.01.06-DSC_0053 今までの用紙の設定で印刷すると裏抜けがちょっとひどい感じになりました。特に左上のカレンダーの部分の裏抜けが気になります。文字を書いても紛れてしまう感じに。

今後、濃度調整と、カラー変更で対応することにします。印刷してしまった2月分はそのまま使用するとして3月分からは試行錯誤してみます(・∀・)。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

Bindex 2012年 月間ダイアリー9

2011.11.30-DSC_0048 という訳で「文具のしんぷく」で今年も「Bindex 2012年 月間ダイアリー9」を買ってきました。中身は前と変わりませんので「Bindex 2011年月間リフィル9」。も参照してください。

 使い始めて、3年目にはいります。今買いますが、実際は1月になってから移行をします。お正月の恒例行事みたいなものですね。意外と売り切れやすいので確保だけは先にします。

 12月分を転記し、それ以降はいっそのこと、バインダーからはずしてしまいます。大抵の予定はGoogle Calenderに入っているので困らないですし、さほど過去の予定にとらわれることも少ないので。

 今回の「Bindex 2012年 月間ダイアリー9」をはじめ、Bindexリフィルは震災復興の寄付が行われることになっていますので、消費購買活動と共に寄付行為が出来るコトは一定の評価が出来ると考えています。

 で、お気に入りの特徴としては(たいして変化ありませんが)

  • タブがラミネート加工されていて丈夫であること。
  • ブロック型(カレンダータイプ)と縦型の組み合わせカレンダー表示が見やすいこと。
  • 微妙に便利な年齢早見表もついている。
  • 紙が分厚いので裏抜けがない

 徐々に、2012年に向かって月日が流れているのが実感できる最近です。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

行動記録としての手帳活用するまで。

 システム手帳を使い始める前は、Palm T|Xを主力で使っていました。Palm T|Xはとてもバランスが取れた機体で重宝していたんですが、思うところがあり紙の手帳に戻ってきました。

■以前の活用法

 デジタルツールは「予定管理」のポイントで威力を発揮してくれていました。日時の変更や稼働時間の管理等はリアルタイムでできていました。

 「そのときどうしていたか」を記録していくことを考えたら、デジタルツールでの管理は、自分の中で合わなくなってきました。というか、記録が見づらくて。

 その頃からPalmとシステム手帳の同時運用が始まりました。

■試行錯誤の中で

 予定管理はOutlookでしていたのですが、Google Calenderとの同期が出来るようになると、Palmを使う頻度が下がってきました。持ち歩く必要もなくどこからでも確認できる利便性はやはり強いモノがあります。

 そして、システム手帳では、予定と行動記録、ToDo、メモが入るようになってきました。OutlookでもToDo管理をしていますが、こちらは中期的なモノが主で、その日にすべき細々とした内容はシステム手帳に記録していきました。ちなみに、OutlookでのToDo管理はGTDのベースとして運用しています。

 システム手帳の記録には「行動」だけでなく「食事」も記録として入れるようにしました。睡眠時間とか起床時間などもですねー。

■システム手帳のリフィル

 システム手帳を使い始めると、工作好きにはたまらないのがリフィルの自作でした。

 ただ、週間リフィルだけは一度も使ったことがありません。ToDoやスケジュール、メモを書くと入らないですし。

 一番のメインテーマは「デイリーリフィルをどうするか」でした。

 最初は「システム手帳自作リフィル の リフィルダウンロードのDailyH_V01refilkit」を使用させて頂いていました。一日1ページの某手帳風です。デイリーの絶対条件として「24時間」のタイムラインが必要でしたので。デイリーは買うと高いですから、自作が現実的でした。

 実は、これ、1年使っていました。デメリットとして、ToDoが少なく別に管理する必要が合ったのと、メモが残しづらかったので、見開き一日のモノを作りました(・∀・)。はい、某手帳と某プランナーのような感じになっていますが、一番しっくり来ています。

システム手帳自作デイリーリフィル
システム手帳自作デイリーリフィル

 それがこんな感じですw。

 この時の抜本改正は未だに活用しています。

  • 線幅を細く(通常のエクセルの細線よりも半分に)
  • レイアウトも見直し
  • 六曜表示に対応
  • ToDoもたっぷり
  • メモにも対応(コレにより日記機能も!)
  • 日付部分は季節により塗りつぶし色が変わる

 デメリットは今までの2倍の厚さになることと、印刷も倍の手間になりました。

 自作のメリットと言えば、好きな用紙を使えますし、レイアウトや色指定も自分の好きに出来ます。ToDoやメモ欄の幅も自分で設定できます。狭すぎず、広すぎない、自分にとって心地よいリフィルを作りながら、自分の行動を管理できるように、自分も手帳も育っている感じを受けています。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

Bindex 2011年月間リフィル9

Bindex 月間ダイアリー9 ダイエーで20%Offをしていたので買ってきました「Bindex 2011年月間リフィル9」です。

 この今年からこれを使っています。今度で2年目ですね。

 なんかBindexのリフィルは行きつけの文具屋さんでも値引き販売されないので大助かりです。今年はセールが早い気もしますが、うかうかすると売り切れて探すのに苦労します。

 実際、前回、苦労しました(汗)。その教訓を活かして早いのです(`・ω・´)。

 で、お気に入りの特徴としては

  • タブがラミネート加工されていて丈夫であること。
  • ブロック型(カレンダータイプ)と縦型の組み合わせカレンダー表示が見やすいこと。
  • 微妙に便利な年齢早見表もついている。

です。

Bindex 月間ダイアリー9

 ぶっちゃけ、表紙と月間テーマなんて使っていません。月間目標とかは別の方法で管理していますので。

Bindex 月間ダイアリー9

 この年間を見通せるモノも便利そうですが、個人的には使っていません。今は長期スパンで日程を組むほどでもないので。

Bindex 月間ダイアリー9

 一番活躍するのが、この見開きカレンダータイプの月間予定表です。個人的にはこの月間予定表はカレンダータイプ以外受け付けませんので。翌月のミニ・カレンダーも地味に便利ですが、右側の縦に伸びる月間予定表も便利です。自分の予定で両方使ってもよし、人の予定をメモしておくのもよしです。例えば、社長や上司の予定、クライアントのイベントなどを入れておくという活用法をしています。

Bindex 月間ダイアリー9

 極希しか使いませんが、一番後ろに付いているのがこの年齢早見表。無くても困りませんが、いろいろと目安に使える一品。

 ということで、私は例年12月~1月にかけて月間カレンダーの移行をしていきます。去年のカレンダーが不要というわけではありませんが、大まかなイベント事等を共有したいので、両方刺さっている期間があります。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?